これから株の世界に足を踏み入れる方に是非知っておいて欲しいのが株主優待です。少しでもお得に株取引をしたい方にはオススメです。

  • ホーム
  • 株を買う前に株主優待はもちろん成長性を考える

株を買う前に株主優待はもちろん成長性を考える

グラフ

株主優待を目当てに、株を購入しようと考える人は最近多いものですがそれだけでなく当然企業の成長性も考えなければなりません。
優待が目当てといっても株価が下がって、価値が半分以下になってしまったといったことが起きれば優待では全然元が取れないぐらいに損をしてしまうということになるので、ある程度企業の成長性も重要となってくるのです。
これから先も成長が期待でき、右肩上がりで値が上がっていくような銘柄であれば投資対象として非常に魅力的であり優待目当てに購入をするには最適といえます。
逆に業績不振の企業というのは右肩下がりで値が下がっていってしまう恐れもありますし、業績悪化によって優待が廃止されてしまうということもあるので成長性というのは非常に重要なものとなります。

しかし、必ずしも成長企業が良いというわけではなく伸びる余地はない一方で安定をしているという業種もありますから、成長性がなくとも安定性があるのであれば優待を目的とした投資をするには最適な銘柄と言えます。
そして、優待を目当てとしていない場合ですが、このような場合優待は無視していいかというとそのようなことはありません。
投資家は優待を含めた利回りを考えて投資をする人が多いため、優待のあるなしによっても株価に影響が及ぶものとなっています。

利回りについても同様で金券のようなものを優待として配布をされるのであれば、その分利回りが向上します。
配当や株価の水準だけでは魅力がなくても優待を含めると優良銘柄だということもあるので優待が目当てでなくても優待を考えることは大切です。
株というのは総合的に分析をする必要があるので、優待や成長性も含めて購入の検討をしましょう。

関連記事